学生がママ活・姉活で学費を稼ぐ

学費を稼ぐのならママ活・姉活がおすすめ!

大学の学費を親が払ってくれればいいですが、親の経済的な状況などもあり、学費を払うことができない親が増えてきています。

 

なんだかんだで景気もあまりよくない状態が続いてますからね。

 

一部の人たちで景気のいい人もいるかもしれませんが、一般的には給料も上がらないので余裕のある家庭は少ないのが現実です。

 

なので、学生自身が学費をどうにかしないといけないという学生もたくさんいるのです。

 

学費

 

そういった時にアルバイトして稼いで学費を支払うというのもありですが、アルバイトばかりに力を入れていたのでは学生の本文である勉強がおろそかになってしまいます。

 

こうなってしまったら、あまり大学に行く意味というのがなくなってきますよね。

 

なので、そういった学生にお勧めなのが「ママ活・姉活」なのです。

 

ママ活なら効率的にお金が稼げる

ママ活はママ・姉の時間にも合わせないといけませんが、ある程度自分の時間があるときに活動することができます。

 

また、アルバイトよりも稼げるという可能性が高いのです。

 

ママ活の一般的な相場ですが以下のようになっています。

  • カフェなどでの1〜2時間のデート・・・3,000円〜10,000円
  • 1日デート・・・1万円〜10万円
  • 居酒屋やレストランでディナー・・・5,000円〜10,000円
  • 月契約・・・5万円〜15万円

 

このようになっていて幅が結構広いのですが、太ママに当たれば上記の上限金額ぐらいまでもらえる可能性が出てくるのです。

 

1日デートで10万円もらえたら、普通のアルバイトはできないですよね。

 

1カ月に1回でも1日デートができれば、学費をそれだけで賄っていくこともできるでしょう。

 

10万円をアルバイトで稼ごうとすると、時給1,000円だと100時間になり1日3時間程度のバイトを毎日しないといけないことになるのです。

 

1〜2時間のデートでも10,000円っていうことがありますからね。

 

このママ活で稼げる金額と時間を考えていくと、ママ活で学費が稼げれば学業も一緒に進めていくことができますね。

 

なので、学費を支払わないといけなくて困っているという方は、アルバイトも悪くはないですがママ活にもチャレンジしてみるといいと思いますよ。

 

ママ・姉探しにおすすめのアプリ・サイト

Jメール
Jメール

ママ活・姉活をしている方はJメールは必ず登録しておいたほうがいいでしょう。登録必須の出会い系アプリ・サイトです。
Jメールの会員プロフィール検索では職業で「役員・事業経営」というのがありますので、こういった方たちはママ活に適した相手だといえます。
こういった方たちにメッセージを送ったり、掲示板で募集したりということをするとママや姉が見つかりやすいといえるでしょう。

 

PCMAX
PCMAX

PCMAXは出会い系アプリ・サイトの中でも圧倒的に会員数が多くなっています。
会員数が多いということは、その分ママ・姉に出会う可能性が高くなるということなのです。
大人な出会いを求めている大人の掲示板もかなり活発に活用されています。
PCMAXは安全性にかなり力を入れていて、24時間365日の監視体制で不振ユーザーの徹底排除をしてくれていますよ。

 

イククル
イククル

イククルは2,000年から運営している歴史あるママ活できるアプリ・サイトで、会員数は1,300人を超えています。
ママ活・姉活している女性もかなり多いといわれているサイトですね。
返答率がかなり高く、数回のメールのやり取りで出会える可能性が高いといわれています。
太ママも割と見つかりやすいといわれているので、イククルにも登録しておいたほうがいいといえるでしょう。

 

 

私立大学・公立大学にかかる費用

大学の学費というのは結構かかります。私立大学と公立大学の学費は以下のようになっています。

 

授業料 入学金 合計
私立大学 約870,000円 約250,000円 約1,200,000円
公立大学 約540,000円 約230,000円 約770,000円

 

このようになっていて入学金は最初にかかるだけですが、授業料は毎年用意しないといけません。

 

私立大学で約87万円の授業料となると、平均して月7〜8万円はアルバイトで稼がないといけないということになります。生活費などを省いてもこれだけ必要ということですね。

 

月7〜8万円のアルバイトで稼ぐには結構アルバイトに時間を費やさなくてはいけなくなります。

 

その点、ママ活がうまくいって太ママを捕まえることができれば、数回のママ活で授業料を賄うことができそうですね。

page top