既婚男性やイケメンじゃないブサイク男子のママ活・姉活

既婚男性やイケメンじゃなくてもママ活・姉活できる!

ママ活・姉活って大学生を中心とした若いイケメンの男性がしているというイメージがありますよね。

 

この、

  1. 若い
  2. イケメン

 

という2つのメリットは大きいですからね。パパ活などの女性でも「若い美人」というのが人気があるというのは当たり前ですから。

 

なので、ある程度年齢のいっている既婚男性であったり、イケメンじゃないブサイク男子はママ活できないのか?といえばそういうわけではありません。

 

もちろん若いイケメンよりかは需要は下がりますので、その他の部分でカバーしなければいけません。

 

その他の部分というのはママ・姉を楽しますことができる技的なものですね。

 

ママ・姉もいくら若いイケメンだったとしても楽しくないデートはしたくないですからね。

 

例えば全くしゃべらなくてムスッとしている「平野紫耀」と、楽しい「みやぞん」ならみやぞんとデートしたいという女性もいるはずです。

 

まあ、実際の平野紫耀さんは愛嬌もありますし面白いのでちょっと勝ちづらいですが(笑)

 

もし、しゃべらなくてムスッとしていた場合ですね。

 

ママ・姉を楽しませる技

楽しませることができる技といえば以下のようなものがあります。

  • 聞き上手
  • 夢を持っている
  • 愛嬌があり素直
聞き上手

まず、「聞き上手」ということですが基本的に女性は話を聞いてもらいたい生き物です。

 

その際に否定など自分の意見をやたらいうのではなく、聞いてもらえて賛同してもらえればそれだけでオッケーなんですよね。

 

これはすごく重要なポイントで、イケメンだとしても人の話を聞かずに自分の話ばかりしているとNGですからね。

 

夢を持っている

あと、「夢を持っている」ですが男性の夢を応援したくなるのが女性という部分もあります。

 

ホストクラブとかを見ていれば分かりますよね。

 

お気に入りのホストがナンバー1になるために、お金に糸目をつけずどんどん高いお酒を入れたりしていますから。

 

なので、何かしら応援したくなるような夢を持っていたほうがいいです。

 

もしなかったとしても何かしら作っておいてもいいかもですね。疑似恋愛なわけですから。

 

愛嬌があり素直

あと、「愛嬌があり素直」というのもあります。

 

先ほどのみやぞんですが、テレビで見るようにあれだけ愛嬌があって素直ならば好感度は間違いなく高くなりますよね。

 

なので、いい笑顔でほほ笑む練習をしておいたり、下手な嘘をつかないように気を付けるというのも大事になってきます。

 

既婚者の場合はバレないように気を付ける

上記のようにママ・姉を楽しませることができれば既婚者でもママ活・姉活は可能です。

 

ただ、注意しないといけないのが自分の奥さんにバレないようにするということです。

 

まず、ママ・姉が結婚して配偶者がいる場合ですが、配偶者がいたとしても肉体関係を結ばなければ罪に問われることはありません。

 

デートだけならば問題ないのです。

 

もし肉体関係を持ってしまえば不貞行為としてママ・姉の旦那さんから損害賠償を請求される可能性があります。

 

逆に自分が既婚者でママ・姉と肉体関係を結んでしまえば、自分の奥さんはママ・姉に対して損害賠償を請求することができます。

 

肉体関係を結んでなくてデートだけなら問題ないのですが、奥さん的にはデートだけでもかなり問題が出てくるでしょう。

 

最悪離婚という可能性も十分あります。

 

夫婦だけなら離婚だけで済むということになるかもしれませんが、子供がいる既婚者の場合は子供と会えなくなるということもあり得るのです。

 

なので、既婚者のママ活・姉活はこういった意味で危険ですが、できないというわけではないので奥さんにバレないように細心の注意を払うようにしましょう。

page top